HOME > 安全・安心情報 > ガス機器の適切な維持管理について

 ガス機器の適切な維持管理について   
 液化石油ガス(LPGガス)を使用している事業者の皆様へ
 令和2年7月30日、福島県郡山市の飲食店で爆発事故が発生し、建物等への被害のほか、死傷者20名の被害も報告されています。
 現時点では、爆発した原因の特定はされていませんが、屋内のガス配管の腐食箇所から液化石油ガス(LPG)が漏れ、何らかの理由で引火して爆発した可能性があると考えられています。
 このような状況を踏まえ、下記の留意事項を参考に、同様の事故防止に努めてください。
                        記

1 ガス機器の定期的な清掃やメンテナンスを行いましょう。
2 ガス機器に異常を感じた場合やガス配管等に破損や著しい腐食等がある場合は直ちに使用を中止するとともに  緊急連絡先やメーカーに連絡し、修理等を依頼しましょう。
3 ガスを長期間使用しない場合や使用を再開する場合は、液化石油ガス販売事業者に連絡をしましょう。

 〇総務省消防庁ホームページに掲載しているリーフレットを添付します。
 リーフレット