HOME > 違反公表制度・消防法に基づく命令の公示

 違反公表制度   
 平成27年4月1日から違反公表制度が始まりました。組合内のホテル、物品販売店舗、病院などの不特定多数の人が利用する建物で、屋内消火栓設備、スプリンクラー設備及び自動火災報知設備のいずれかが、消防法令において設置義務があるにもかかわらず、未設置の対象物を石狩北部地区消防事務組合の公式ホームページに公表するものです。
※違反公表制度の詳細についてはこちら
  公表対象物一覧表 ※現在、石狩北部地区消防事務組合に公表対象物はありません。
 
 消防法に基づく命令の公示
   組合内において、消防法に基づく命令を受けている建築物の所在地及び名称等を公示しています。
  命令公示対象物一覧
※消防法では、消防機関が立ち入り検査等により消防法違反や火災危険を把握し、その改修や使用停止などの命令を発した場合には、その施設の利用者や近隣の方々の安全のため、その施設に標識を設置するなど、公示を行わなければならないこととなっております。
※石狩北部地区消防事務組合火災予防規則により、命令を受けた施設に標識を設置するほか、市役所及び町・村役場の掲示場及び管轄する消防署の掲示場、組合ホームページで公示することと定めております。
  石狩北部地区消防事務組合火災予防規則